Natural visionMy Best Vision
2007年02月10日

乱視はレーシックで治療できる

レーシックで近視は治るのは知っているけれど、乱視はどうなの?と思っている方は結構いらっしゃると思います。レーシックで乱視は治療できます。

写真を見てください。これはレフ数値といいます。機械的に図った視力です。下の2枚はレーシック手術前の右目と左目の数値です。Sは近視、Cは乱視を表します。0に近いほどよく見えている状態です。

ゆっぴのレーシックを受ける前の右目レフ数値 ゆっぴのレーシックを受ける前の左目レフ数値

こちらはレーシック後です。

ゆっぴのレーシック一年後のレフ数値

関連記事-レーシック1年(12ヶ月)検診その3 ・他覚的屈折検査
レーシック1年(12ヶ月)検診 まとめ

通常のレーシックでもある程度の乱視は治療できますが、強い不正乱視にはCustomVue(レーシック カスタムビュー)、ウェーブフロントレーシックが適しているそうです(ただし、CustomVue(レーシック カスタムビュー)、ウェーブフロントレーシックは角膜を20%ほど多めに削らなくてはならない)

乱視を治したい人へ - レーシック(LASIK)の神戸クリニック



お役立ちリンク

1,000人の医師に質問できるQ&Aサイト【AskDoctors】

posted by ゆっぴ at 10:42 | Comment(0) | 乱視とレーシック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。