Natural visionMy Best Vision
2007年07月17日

地震・台風・災害・レーシック

地震台風。。いったい地球になにが起きているのか。。なくられた方のご冥福と、被害が拡大しないことを心からお祈りいたします。ライフラインが止まっている地域は早く復旧しますように。。

レーシックの手術を受けたい方、あせることはないですよ、じっくり眼科を決めてくださいといつも言っている私ですが、ただひとつ、早く受けたほうがいいなとおもう時があります。それは災害のことを考えたときのこと。

地震が起きたときのことを想定しましょう。寝ている間に地震が起きたとすれば、まず、メガネを探します。それから、コンタクトレンズコンタクトレンズケア用品を探します。この作業に10分だとします。この10分がなければ10分早く逃げられるわけです。

地震の揺れが激しかったり、火災が発生したばあい、メガネを探す余裕はないでしょう。地震後、メガネコンタクトなしで過ごさなければなりません。

メガネコンタクトレンズを持ち出すことができたとして、水が十分なければ、ケアができません。使い捨てコンタクトレンズを使ったとしても、目がゴロゴロしたときは水や目薬が必要です。

自分ひとりならそれでもなんとかなるかもしれません。小さなこどもがいたら?介護しなければならないお年寄りが家族にいたら?ペットがいたら?

私がレーシックを受けた理由のひとつに、災害時に子どもを守らなくてはいけない、というのがあります。守らなくちゃいけない命があるので、レーシック怖いなんて言っていられませんでした。メガネを探している間に何がおきるかわかりません。0.03の視力では、被災地で裸眼で子どもを守るなんて不可能です。

一方、レーシックを受けている間に地震があったらどうしよう?という心配もありました。地震が起きると機械は自動的に止まるそうですが、手術は中断されてしまいますね。レーシックに限らず、手術中に地震が起きたら。。怖いですね。



お役立ちリンク

1,000人の医師に質問できるQ&Aサイト【AskDoctors】

posted by ゆっぴ at 10:01 | Comment(0) | レーシックと防災
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。